ペットたち(犬猫)のフードボウルを新調したょ(^^)!

いぬとねこ

コロナ禍や酷暑で、すっかり山に行けていない日々が続いております・・・(T_T)ということで久々に犬猫ネタを(笑)

今まで使っていた、柴犬ころ助と猫タケニャのフードボウル(ごはん皿)を新調しました!

というのも、大小種類バッラバラのを何となく買い足して使い続けていた結果、引き出しの中に収納しづらくて日々ちょっぴりストレス。しばらく使っていたフードボウルは、落ちきれないヌメリ汚れ?のせいで何となく古びた雰囲気のものばかり。そして食べ方がヘタなのか、カリカリのカスがとっ散らかっているタケニャのごはんスペース。

高さのないフードボウルだと、食べづらい、っていうのがあるらしい。(←今更?笑)それに、一気食いして吐き戻し、なんてのも、低い位置で食べているからもあるみたい。(←食いしん坊のタケニャは、時々早食いのゲーをしてしまいます。。)

ということで、高さがあるフードボウルに、新調してみました。

デカ猫(7kg)のタケニャには、波佐見焼の「HASAMIフードボウル」を

高さのあるフードボウルや、フードボウル台+器、はたくさんあるのですが、なんかどれもちっさい感じ。たぶん、標準的な猫ちゃんの大きさに合わせてるんだろうなーという感じ。

そこで見つけたのが、波佐見焼のペット用フードボウル。私がチェックしたときは、数ある色のなかで在庫はレッドだけだったので(現在はどうもどれも売り切れ?ふるさと納税だと購入できるっぽいです)こちらにしました。もう少しおとなしめの色があれば良かったなぁ、、と思いつつポチったのですが、これが良い感じの色味(^^)(お水は峠の釜飯の器です笑)

高さも良さそうだし、この解説書のとおりヒゲも当たらなくて良さそう。(この器にしてからカリカリのとっ散らかりが減りました)

ニンゲン用の器も同じ色味のラインナップであるみたい。スタッキングもできるし、土モノの和食器や北欧デザインの食器などにも合いそうなので、また別の色のものを買い足してみてもいいなーなんておもってます(^^)

小ぶりな柴犬(9kg)のころ助さんにはHARIOの犬用フードボウルを

ちょっとちっさいかなぁ?(チワワとかプードルとかもうちょっと小さい小型犬用だったか?!)と思ったけど

もともと早食い大食いじゃなくって、ちょっとずつちまちま食べるタイプのころさん。とりあえず食べにくそうにはしてないので(笑)オッケー(^^)

HARIOさんは(ニンゲン用のね)コーヒー用品や、キッチン用品もつくっている、あのハリオです。このボウルは有田焼らしいです。付属のマット(?)のおかげで、タイルの床の上でも滑りにくく食べやすいご様子。

洗替えもあるので2セットずつほしかったのですが、使ってみて良かったら買い足せばいいなーと思って、とりあえず1個ずつだけ買いました。でも気づいたのが、このような高さのあるフードボウルのデメリットは、収納しづらい・収納場所を取るってこと。

洗替え用の器はナシで、このスポンジで都度洗うことにしました

なので、毎回食後に洗って拭いて、新しいフードを入れる。っていう1個を使い続けるやり方に変更。ちょうど同じショップにこんなものがあったのでついでに購入。

洗剤いらずで、カットして使えるのでキッチン周りもかさばらない(^^)!水だけで洗うので、ちゃちゃっと洗えるし、ごはんの時間→器を回収→このスポンジで洗って拭く→新しいカリカリをいれて、はい、ご飯。1個の器で事足りる感じなので、しばらくこれでいこうと思います(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました