猫の体調管理に、キャットログ&キャットボードを使ってみたよ

ねこ

変わらず元気に見えても、我が家の飼い猫タケニャは13歳の初老猫(人間年齢だと70歳ほどとか)。元気で夏バテもせず食欲落ちない様子は、飼い主としてはありがたいのですが、7kgぽっちゃりタケニャにあげるゴハンの量は、少なめにしています。
でもついつい、タケニャのくれくれコールに根マケして、ちょこっとおやつやゴハンを定時じゃない時間にあげちゃったり。これ以上太らせてしまうととよろしくないけど、猫の見た目的に変化がわかりづらい。体重管理も飼い主のおしごと、ですが・・・

スポンサーリンク

そうは言ってもペットの(こまめな)体重測定はサボりがち

一般家庭でのペットの体重測定は、

①ペットを抱っこして体重計のる(測定:ペット+ニンゲン)
→②ニンゲンだけのる(測定:ニンゲンのみ)
→③引き算して猫の体重計算する(計算結果:ペットの重さ)

が多いと思いますが、体重計を置いている場所は洗面脱衣室(←あんまり猫がゴロゴロ居る場所じゃない)だったり、計測のときにニンゲンの体重も増えてたことにショックを受けたりするので(笑)、我が家では月1回の測定を目標にしていましたが、ついついサボりがちに・・・

色々調べていると、猫トイレの自動トイレのタイプのものが体重測定も記録してくれるものがあって、それにしようか迷ったのですが、

(例えばこんなの。)

 

体重測定機能付きの自動トイレを採用しなかった理由
  • トイレの自動機能は、個人的にはそこまで欲していない(飼い主が家に居る時間長い・猫は1匹なので)
  • タケニャは体格が大きいので、小さくて入りたがらないかも
    (それで買い直したトイレ容器は数しれず・・・)
  • もしそのトイレを猫が気に入らず使わなかったときを考えると、自動トイレ自体の価格が高額なものが多く、イタイ。

ということで、

RABO, Incのcatlog boardなら、今使っているトイレはそのまま使える

白い板状のキャットログボードを、今使っているトイレ容器の下に置けばいいだけ。猫ちゃんが出入りしたときに体重を記録してくれたり、トイレ(おしっこ・うんち)をしたら、それも重さと共に記録してくれます。

Catlog
我が家は階段下のスペースに設置。ボード高さは4cmほどなので、猫の出入り具合はいつもとそれほど変わりない様子です

ボードの大きさは、48cm×33cm。我が家のタケニャ(7kg)は大きいサイズのトイレを使っていますが、ギリギリOKです。

Catlog

使っていると、ボード面とトイレ底どちらもツルツルしたプラスチックだから、たまに滑り落ちることも。ストアに連絡すると、このような滑り止めマットを追加で送ってもらうこともできます(^^)

体重と、トイレ(おしっこ・うんち)の回数・量がcat boardで自動記録

精度がどうなのかなぁーと思っていましたが、なかなか良い感じ。最初の頃は、実際は「うんち」なのに「おしっこ」として記録されることが多かったのですが、自動記録されたデータをあとで編集できます。AIが学習するようで、数日すると、ちゃんと「うんち」として記録されるようになりました。

我が家は猫トイレは、木製砂タイプ。排泄のたびに、砂も一緒にある程度捨てて、適度に追加して新しい砂を入れるスタイル。この新しい砂を入れたりすると、これもデータとして拾うのかな?とか、トイレのおしっこやうんちを片付ける時に、ガサガサするのもデータに影響があるのかな?と、心配していたのですが、不思議なことに、ニンゲンのこのような動作は「猫の行動データ」として記録はされませんでした(^^)

設置・設定は、とってもカンタン

キャットログボードは、コードレス。(単3アルカリ電池6本で約半年。)


猫ちゃんにとって、トイレの「場所」が変わると、ストレスになることもありますもんね。トイレの置き場所近くに電源がなくても大丈夫なのは良いですね(^^)

このキャットログボード(器具として約1万円で購入or月額約700円でレンタルもあり)と、自宅のWi-Fiをつないで設定します。
データは、スマホアプリ「catlog」で管理するので、こちらの月額サービスの契約が必要になります。(月額580円※2022年9月現在の価格)

サブスクで月額580円の利用料がずっとかかるのもなぁ、、とも思ったのですが、体重管理もしやすいし、何よりタイムリーにデータを拾ってて、出先でも「(チン♪)タケニャさんがうんちをしました」とスマホ(&アップルウォッチ)に通知がくるので、ちょっと楽しい(^^)。(※通知は設定でOFFにも、できます)

この月額580円は、トイレのキャットログボードのデータ記録だけでなく、首輪に付けて行動様子を記録できる「catlog(キャットログ)」も追加料金ナシで利用できるとのこと!

さらに様々な項目のログができる首輪タイプのCatlog Pendantも追加で導入してみたよ

お試し&サイズ確認のための、試着首輪セットの貸し出しサービスあり!

タケニャも昔は首輪をしていたのですが、首輪まわりがハゲてきたので、しばらく首輪ナシ生活でした。なので、

・首輪自体、嫌がるんじゃないかなぁ、、、
・この首輪に付けるログの機械の重さが気になるんじゃないかなぁ、、、
・それにデカ猫タケニャにサイズは合わない(小さい)かもなぁ、、、
と、買うのを躊躇していたら、

https://rabo.cat/catlog/debut_plan/

なんと!試着体験のサービスがありました!
580円で、
・7日間のレンタル料
(全部のサイズの首輪と、機能は使えないけど器具として重さや装着感を試せるログの機械)
・往復の送料
です。首輪としてはログも合わせて1万円近くするので、猫自身が嫌がって付けれる感じじゃなかったときイタイ(T_T)このお試しサービスはサイズ確認も含めて、ありがたいです〜

Catlog
開封後、なぜか興味津々の柴犬ころさん。

お試しでレンタルしたものを付けてみたところ、タケニャ自身は違和感なく(?)嫌がる様子もなく、数日過ごしていたので、Catlog Pendantも使ってみることにしました(^^)

pendantの設定も、とってもカンタン

Catlog

首輪(ログもセットされてきます)、ステーション(ログの記録を拾う&首輪のログを充電)、充電ケーブルが送られてきます。自宅のWi-Fiとステーションを接続設定すればOK!

様々な行動がCatlog Pendantでログできる

トイレのboardで測定できる項目以外に、pendantでは食事・水飲み・運動・睡眠・毛づくろい の行動を記録してくれます。

お留守番の猫ちゃんの様子が、出先でも(なんとなく)確認できる

このログのいいところは、飼い主が長時間留守している間でも、家にいる猫の様子が分かります。(ペットカメラなどもありますが、カメラの視覚の中に猫ちゃんが居ないと見れないですもんねぇ)アプリを立ち上げると、そのときの様子がこんな感じのイラストで分かるし、「猫日誌」を見ると、どの時間に水を飲んだ、とか、トイレをした、とかも分かるので、外出中でも、「いつもと変わらず過ごしてるっぽいな」と(ニンゲンが)安心して過ごせます(^^)

我が家は木造の2階建て。ステーションは1階のリビングに置いているのですが、猫が2階の部屋の隅の方や屋根裏に居る時は、電波が届かないようでログの記録がありません。(そんな場合は、ステーションを増設すると良いそうで、cat home 単品の購入も可能です)

費用は、器具代+アプリ月額利用料

https://rabo.cat/news/2022/09/09/2209update/

取りたいデータによって、首輪だけ、とか、トイレだけ、とかも良いかと思います(^^) この器具を購入して、

https://rabo.cat/news/2022/09/09/2209update/

ログのデータを記録するアプリを月額で加入する仕組みです。

器具購入時の割引クーポンはこちら(^^)!

ご紹介割引があるようで、下記コードを購入時に入力すると、ちょっと割引があります(^^)

紹介コード: TPHNC9

Catlog
Catlog

おやつあげすぎてた、とか気づけて良い感じ(^^)

我が家のタケニャに使い初めて約2ヶ月。ここのところ涼しくなったからか、タケニャも食欲が(以前よりさらに)増して、時間外におやつやゴハンを頻回にニャーニャーねだる(笑)こちらもついつい、ちょこっと、ちょこっと、とあげていたからか、体重が0.2kg増えていたので、気をつけるキッカケになりました。(おかげでまたいつもの体重に戻りました)

フォロー頂けると嬉しいです(^^)
タケコロ母さんをフォローする
ねこ
スポンサーリンク
山と暮らしと、イヌネコと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました