女子にオススメ。お泊まり登山で使えるメイクグッズ

ビオデルマ 洗顔クレンジング水 山の道具

まだまだコロナ禍の状況ですが、県をまたぐ移動も解除になり、各山小屋もコロナ対策をした上で営業が再開されてきましたね。泊まりで登山計画を練られている方も多いのではないでしょうか( ^ω^ )

泊まりの山行の場合、女性はメイク道具など色々必要なので荷物が増えがち。あまり美容・メイク関係の情報は乏しい私ですが、その中でも「これがあれば便利!」と思ったものをご紹介いたします。

スポンサーリンク

メイク落としと化粧水がこれ一つ!ビオテルマ洗顔クレンジング水

ビオデルマ 洗顔クレンジング水

メイク落としシートって色々ありますが、あれ、シートでメイク落とししたあと、なーんか顔がヌッタリした感じ、というか、一度水で流したい・・!っていう感触が残るのがどうも気になっていました。水場がない山だと、洗顔で使う水も貴重ですしね。

そこで見つけたのか、このビオデルマの洗顔クレンジング化粧水。
フランスって、水道水が硬水なので、それで毎日洗顔してると肌がカッサカサになっちゃうそうです。なので、基本的にこういうタイプの拭き取り化粧水でメイクオフ・洗顔をして、水道水で洗い流すのは、数日おき、とのこと。

これって、じゃぶじゃぶ水を使えない山で、使い勝手良いじゃん!

わたし的にはたとえ水場がある山でも、メイク落としして、顔洗って、化粧水・保湿液つけて、、、というフェイスケアが、基本的にメンドクサイ(笑)。街よりも紫外線が強い山なので、ホントはしっかりケアをすべきなんでしょうけれど、それは下山後に、、ということで、山ではなるべくラクをしたいのですよねー。

このビオデルマの洗顔クレンジング水なら、あらかじめこのクレンジング水をコットンに含ませておいたものを、ジップロックから取り出して、サッサッと顔を拭えば、はい終わり〜。めちゃラクチン!
わたしは、冬場で乾燥が気になるときだけ、この後に保湿液を少しつけるくらいで、済ませています。これなら、持っていく基礎化粧品の品数も、カサも、気にならずコンパクトな荷造りが可能です( ^ω^ )

ビオデルマHP

ビオテルマの洗顔クレンジング水は、肌のタイプ別に何種類かあって、わたしはピンク色の敏感肌タイプのものと、黄緑色の敏感肌・混合肌タイプのもの、2種類を使い分けています。いずれも120mlの小さいボトルがあるので、まず小さいものを試してから、肌に合うか事前に試してみてくださいね。

数日間眉メイクいらず!の眉ティント

フジコ眉ティントSV

色を肌に定着させて数日間眉を保ってくれる、眉ティント。(これは山行の前に自宅で仕込んでおきましょう。)
特に夏の登山だと汗をかくので、眉メイクが落ちやすいですよね。これなら汗かいても気にせずに顔をぬぐえるので、良いですよ〜。

眉ティントは、いろんなメーカーさんから出ているようですが、このフジコさんのものがモチが良いとのこと。わたしは他のメーカーを使ったことがないのでわかりませんが、日常的な生活で夏場けっこう顔をジャブジャブ洗うときで3、4日はもちます。

肌をきれいに見せてくれる、ノンケミカルの日焼け止めクリーム

&be UVミルク

メイクアップアーティストの河北裕介さんプロデュースのUVミルクです。化粧下地?のようですが、これだけで肌をキレイに見せてくれる機能があるので、わたしは山ではこれだけで済ませています。

SPF50PA++++なのに、石鹸でオフできる!しかもテクスチャーがとっても軽い!
汗で流れ落ちない、というほどではなとは思いますが、この軽さならこまめに塗り直すのもノンストレスです。

&be UVミルク etvos UVフェイスパウダー

テカリが気になる場合は、ETOVOSのUVパウダーを、おしろいとして使うのもアリです。
どちらも石けんオフできるものなので、使いやすいですよー。

リップにもチークにも使える!to/oneのクリームチーク

こちらはto/one(トーン)の、クリームチークです。
チークとしてもリップとしても使えるので血色感が欲しいときに使えます。

こんな感じでミラーが付いているので、手軽にサッサと使えて便利です。

カラーは8色あって、
わたしは04レディッシュブランと、05オレンジの2色を使い分けています。

秋冬は04な感じですかね。しっとりとした赤色の感じです。春夏は05で明るめなオレンジ色の感じです。

to/one リップアンドクリームチーク

山でのメイクは人それぞれだと思いますが、あまり街にいるときのようなしっかりフルメイクはしないし、かといってスッピンというのもなぁ、という方には、これらのメイクグッズは使いやすいかなーと思います。
必要最低限の荷物にして、山登り、心やろやかに楽しみたいですね!

山の道具
スポンサーリンク
山と暮らしと、イヌネコと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました